コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイオウショウ(大王松) ダイオウショウ Pinus palustris; longleaf pine; true pitch pine

2件 の用語解説(ダイオウショウ(大王松)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイオウショウ(大王松)
ダイオウショウ
Pinus palustris; longleaf pine; true pitch pine

マツ科の常緑高木で,暖かい地域の庭園などに植えられる。ダイオウマツともいう。北アメリカ南東部原産で,日本へは明治の末頃に移入された。幹は高さ 30m,直径 1.5mにもなり,その樹皮は暗褐色で鱗片状に薄くはがれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダイオウショウ(大王松)【ダイオウショウ】

北米原産のマツ科の常緑高木。日本では関東以西の暖地に植えられる。葉は3本束生し,長さ20〜35cmと世界のマツ類中最も長く,枝の端に集まって垂れ下がる。4〜5月に開花,球果は円柱形で大きく,翌年10月に成熟する。
→関連項目マツ(松)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のダイオウショウ(大王松)の言及

【マツ(松)】より

…ヨーロッパから中国東北地方の広い面積に分布する二葉のヨーロッパアカマツP.sylvestris L.(英名Scotch pine)は,中・北欧での最重要林業樹種である。北アメリカにはダイオウショウ(大王松)P.palustris Mill.(英名longleaf pine)(イラスト)が東南部諸州に分布し,低湿地にも育ち,樹脂を採る。三葉で長さ20~50cmの針葉が枝端に房状につく姿がおもしろいので,日本でも庭園に植えられる。…

※「ダイオウショウ(大王松)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイオウショウ(大王松)の関連キーワード赤蝦夷松赤鉄アメリカ松糸杉米栂大王松椴松針樅琉球松エゾマツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone