コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイコクコガネ(大黒金亀子) ダイコクコガネCopris ochus

世界大百科事典 第2版の解説

ダイコクコガネ【ダイコクコガネ(大黒金亀子) Copris ochus】

甲虫目コガネムシ科の日本に生息する最大の糞虫(獣糞を食物とするコガネムシ)で,体長20~30mm(イラスト)。雄は頭と胸に突起があるが,その大きさには個体差がある。北海道,本州,九州のほか,朝鮮半島および中国東北部まで分布する。低山帯や山ろく帯の放牧地に生息し,6~7月ころにもっとも多く出現する。成虫日没時に活発に飛翔(ひしよう)し,明りにも飛来する。牛や馬の糞に飛来した成虫は糞の下に穴を掘り糞を詰め込み,それを食べつくすと新しい糞に移る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android