コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイサギ(大鷺) ダイサギ great white egret

1件 の用語解説(ダイサギ(大鷺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダイサギ【ダイサギ(大鷺) great white egret】

コウノトリ目サギ科の鳥(イラスト)。全長約85cm。全身白色で,シラサギ類の中のいちばん大型種である。ダイサギの名もそのためだが,アオサギよりは少し小さい。世界的に分布し,日本には,夏鳥または漂鳥として繁殖するものと,冬期に大陸から冬鳥として渡来するものとが生息する。前者は後者より少し小型で,チュウダイサギE.a.modesta(中大鷺)として区別されることがある。また,チュウダイサギの別名をコモモジロ(小腿白)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイサギ(大鷺)の関連キーワードミゾゴイ大鳥黒鷺小鷺白鷺中鷺尼鷺こうのとり

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone