コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイナミックルーティング だいなみっくるーてぃんぐ

1件 の用語解説(ダイナミックルーティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダイナミックルーティング

ルーター同士が経路情報自動的に交換することで、ルーティングテーブルをつねに適正で最新の状態に保つ仕組み。経路情報の収集には「ルーティングプロトコル」と呼ばれる専用のプロトコルが利用される。代表的なルーティングプロトコルとしてはRIP(Routing Information Protocol)やOSPF(Open Shortest Path First)、BGP(Border Gate Protocol)が挙げられる。ダイナミックルーティングの長所は、ネットワークの状態をルーティングテーブルに自動的に反映できるので、管理者がルーティングテーブルを管理しなくてもよい点にある。また、ネットワークに障害が起こった場合でも、迂回経路があれば自動的にそちらが選択される。しかし、経路情報を交換するための帯域幅やCPU処理能力が必要になることや、誤った経路情報が流されると広範囲悪影響が出ることが短所として挙げられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイナミックルーティングの関連キーワードアドバタイジング回線ダイヤルアップルーターローカルルーター自動織機自動改札イコノメーター自動交換機ビデオメーター

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイナミックルーティングの関連情報