コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイナミックルーティング だいなみっくるーてぃんぐ

1件 の用語解説(ダイナミックルーティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダイナミックルーティング

ルーター同士が経路情報自動的に交換することで、ルーティングテーブルをつねに適正で最新の状態に保つ仕組み。経路情報の収集には「ルーティングプロトコル」と呼ばれる専用のプロトコルが利用される。代表的なルーティングプロトコルとしてはRIP(Routing Information Protocol)やOSPF(Open Shortest Path First)、BGP(Border Gate Protocol)が挙げられる。ダイナミックルーティングの長所は、ネットワークの状態をルーティングテーブルに自動的に反映できるので、管理者がルーティングテーブルを管理しなくてもよい点にある。また、ネットワークに障害が起こった場合でも、迂回経路があれば自動的にそちらが選択される。しかし、経路情報を交換するための帯域幅やCPU処理能力が必要になることや、誤った経路情報が流されると広範囲悪影響が出ることが短所として挙げられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイナミックルーティングの関連情報