ダイバーシティ戦略(読み)だいばーしてぃせんりゃく(英語表記)Diversity Management

知恵蔵miniの解説

ダイバーシティ戦略

組織において、個人それぞれの多様性(ダイバーシティ)を尊重し、その「違い」を積極的に活かすことにより、パフォーマンスを向上させるマネジメントプロセスのこと。近年の多様化・グローバル化した社会に対応するために、また各個人の能力発揮・自己実現などの観点から必要なものと考えられている。欧米先進国では特に2000年代に入ってから注目を集めており、積極的に取り入れる企業が増えてきている。各企業が優先的に取り組んでいるのは女性の活躍促進だが、年齢や国籍、更には個人個人の性格・価値観といった違いなどもダイバーシティ戦略の対象となる。一方、様々な多様性による摩擦や誤解などがトラブルの原因となり、逆に生産性やパフォーマンスが低下することなどが課題とされている。

(2014-6-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android