コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンドの鑑定

1件 の用語解説(ダイヤモンドの鑑定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ダイヤモンドの鑑定

鑑定には、「4C」と呼ばれる四つの鑑定基準がある。(1)カラー(色)(2)クラリティー(透明度)(3)カラット(重さ)(4)カット(研磨)で、カラーは、透明に近ければ評価が高く、色がつけば評価が下がる。評価が高い方から「D、E、F…」とアルファベット順にランク分けされる。業界団体「宝石鑑別団体協議会」(東京都)は、各ランクごとに基準石となるダイヤを設定。鑑定士は基準石を物差しにし、ダイヤの価値を評価する。同協議会には全国宝石学協会を含む約20会員が加盟。民間信用調査機関によると、全宝協の2009年度の売上高は8億5千万円。

(2010-05-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイヤモンドの鑑定の関連キーワード不動産鑑定士鑑定家鑑定書鑑定官虚偽鑑定等罪極めポレンスケ価鑑定評価河津山白児島新七

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイヤモンドの鑑定の関連情報