ダイヤモンド・ダスト(読み)だいやもんどだすと(英語表記)diamond dust

日本大百科全書(ニッポニカ)「ダイヤモンド・ダスト」の解説

ダイヤモンド・ダスト
だいやもんどだすと
diamond dust

細かい結晶が空気中に浮かび、それが太陽光線できらきら輝いて見える細氷現象。非常に低温で風が穏やかなとき現れる。

[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「ダイヤモンド・ダスト」の解説

ダイヤモンド・ダスト

吹雪」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android