コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイルエルカマル Deir el Qamar

デジタル大辞泉の解説

ダイル‐エル‐カマル(Deir el Qamar)

レバノン中南部の町。ベイルートの南東約50キロメートル、シェーフ山地に位置する。17世紀初頭に同地を治めたファハルッディンによって建造されたイスラム寺院、宮殿などが残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android