コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイレクトコネクト・アーキテクチャ だいれくとこねくとあーきてくちゃ

1件 の用語解説(ダイレクトコネクト・アーキテクチャの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダイレクトコネクト・アーキテクチャ

AMDが採用する、CPUと、メモリー、I/O間のインターフェイスシステム。インテルのCPUでは、CPU、メモリー、I/O間は、FSB(フロントサイド・バス)と呼ばれるバスで結合され、データはバスを共有する形でやり取りされるが、AMDOpteron、Athron64といったCPUでは、ダイの内部に内蔵されたメモリーコントローラーがメモリーにアクセスし、データも専用のメモリバス上でやり取りされる。また、CPUとI/O間は、ハイパートランスポートで接続するよう設計されており、この結果、メモリーとI/Oのデータが競合し、CPUが待ち時間となることがない。この接続形態そのものを、AMDでは「ダイレクトコネクト・アーキテクチャ」と呼んでいる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ダイレクトコネクト・アーキテクチャの関連キーワードAMD-K6-2AMD-K6-IIIマルチコアAMD-K6HyperTransportマルチコアAMD VirtualizationCore i7互換CPU互換性

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone