コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウン症

2件 の用語解説(ダウン症の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ダウン症

正式名称はダウン症候群。800人から1千人に1人の割合で生まれる。染色体の突然変異によって起こるもので、筋肉の緊張度が低く、知的な発達にも遅れがみられるなどの特性があるが、個人差がある。最近では医療や教育の発展に伴い、ほとんどの人が普通に社会生活を送っているという。

(2015-10-12 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

ダウン症

ダウン症候群の略。最初に報告した英国人医師ジョン・ラングドン・ダウン氏の名から名付けられた。染色体の突然変異が原因で、筋肉が軟らかく、全体的にゆっくり発達するのが特徴。書道や絵画など芸術分野に才能を発揮して活躍する人もいる。

(2016-12-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダウン症の関連キーワード常染色体二価染色体18トリソミー唾液腺染色体単相X染色体Z染色体オートソーム三染色体性XYY個体(YY症候群)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダウン症の関連情報