コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)

1件 の用語解説(ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)

ダウ・ジョーンズアンドカンパニー。ダウ・ジョーンズ社。ウォール・ストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)の発行や、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(通称ニューヨーク・ダウ)を算出。1882年、チャールズ・ダウ(Charles Dow)、エドワード・ジョーンズ(Edward Jones)、 チャールズ・バーグストレッサー(Charles Bergstresser)の3人の若い記者が、手書きニュースレターウォール街の購読者に配達。数年後にウォール・ストリート・ジャーナル紙へと発展を遂げる。AP通信社と業務提携、編集者・記者数は合計で3650名以上。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)の関連キーワードカンパニーカンパニーアマコンパニーペーパーカンパニーカンパニースクールカンパニーマガジンビジョナリーカンパニーシェルカンパニーシーピーカンパニージェイアンドカンパニー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone