ダウ・ジョーンズ工業株価平均先物(読み)だうじょーんずこうぎょうかぶかへいきんさきもの

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大阪証券取引所に上場されている株式先物。ダウ・ジョーンズ社が1896年に12種平均とし作成して始まった。1928年10月1日からは30種平均として公表。具体的には、ニューヨーク証券取引所に上場された各セクターの代表的な30の優良銘柄を対象として、連続性を持たせる株価単純平均算出、公表している。米国の株式市場動向や世界経済の方向性を考える上で欠かせない指標となっている。取引単位は、指数の100倍。日経平均と並んで、馴染みの深いインデックス(指標)になっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android