コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダグマー・モデル DAGMAR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダグマー・モデル
DAGMAR

広告効果測定のための理論。1961年,アメリカ合衆国の全米広告主協会 Association of National Advertisersの要請に基づき,ラッセル・H.コーレイが発表した著書『目標による広告管理』Defining advertising goals for measured advertising resultsの頭文字をとってダグマー DAGMARと呼ばれる。広告出稿前の市場状態を測定した値を基準点として,到達すべき広告目標を定める。この目標に向かって広告を展開し,広告出稿後の調査で所期の目標値に到達したかどうかを判定する。この理論では,広告主が広告で達成できるのは消費者の態度変容であり,広告目標は売り上げではなくコミュニケーション効果に限定すべきである,という考え方がとられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダグマー・モデルの関連キーワード新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二マキノ雅広森一生アポロ計画岡本喜八朝鮮映画

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android