コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダグラス=ヒューム Douglas-Home, Sir Alec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダグラス=ヒューム
Douglas-Home, Sir Alec

[生]1903.7.2. ロンドン
[没]1995.10.9. ベリックシャー
イギリスの政治家。本名 Alexander Frederick Douglas-Home。スコットランドのヒューム家第 14代当主。オックスフォード大学卒業。 1931~45,1950~51年保守党下院議員。 1937~39年ネビル・チェンバレン首相の秘書となった。 1945年チャーチル選挙管理内閣で外務次官,1951年伯爵を継ぎ上院議員。 1951~55年スコットランド担当大臣,1955~60年連邦関係大臣を務めた。 1960~63年第3次マクミラン内閣の外務大臣,1963年モスクワで部分的核兵器実験禁止条約に調印。同年ハロルド・マクミラン首相の辞任をうけ首相となったが,プロフューモ事件などで保守党の危機に直面した。 1902年以来イギリスの首相は下院議員から選ばれることになっているため,この慣例に従って爵位を返上,下院議員の資格を得た。 1964年7月イギリス連邦首相会議の議長,同年 10月総選挙に敗れ,首相を辞任。 1965年7月保守党党首の地位をエドワード・ヒースに譲った。 1970年ヒース内閣の外相となり,1971年 11月ローデシア (現ジンバブエ) のイアン・スミス首相との間で独立問題の交渉を妥結した。 1974年政界を引退。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダグラス=ヒュームの関連キーワードダグラスヒュームルール保守党[イギリス]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android