コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダグラス・エンゲルバート だぐらす・えんげるばーと Douglas Carl Engelbart

1件 の用語解説(ダグラス・エンゲルバートの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ダグラス・エンゲルバート

アメリカ合衆国の発明家で、マウスの発明やハイパーテキスト、グラフィカルインタフェースの開発で知られる。米オレゴン州で生まれた同氏は、オレゴン州立大学卒業後、カリフォルニア大学バークレー校大学院電気工学コンピューター科学を学び、その後、スタンフォード研究所(Stanford Research Institute)に所属。同僚とともに、電子メールビデオ会議、ハイパーテキスト、インターネットの前身であるアーパネットの開発などに取り組んだ。1970年にはパーソナルコンピューターのマウスの特許を取得。マウスの特許を含め、コンピュータ・IT関連で通算21件の特許を取得している。2000年、IT業界で最高の名誉とされる米国家技術賞受賞。2013年7月2日、88歳で亡くなった。

(2013-7-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダグラス・エンゲルバートの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国発明権アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone