コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニエル=ロップス Daniel-Rops

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダニエル=ロップス
Daniel-Rops

[生]1901.1.19. ボージュ,エピナル
[没]1965.7.27. サボア,シャンベリー
フランスの作家,宗教史家。本名 Henri Petiot。評論『われらの不安』 Notre inquiétude (1926) ,小説『死よ,汝の勝利はいずこにありや』 Mort,où est ta victoire (34) などののち,1940年代からキリスト教史の著作に力を注ぎ,『イエスとその時代』 Jésus en son temps (45) は 17ヵ国語に訳される大成功を収めたが,大作『キリスト教会史』 Histoire de l'Église du Christ (6部,48~65) は未完に終った。また 48年より雑誌『教会』 Ecclesiaを主宰。 55年アカデミー・フランセーズ会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダニエル=ロップスの関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキース

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android