コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニエル・ブルックリン

1件 の用語解説(ダニエル・ブルックリンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダニエル・ブルックリン

世界初の表計算ソフト「VISI-CALC(ビジカルク)」の開発者。1977年に入学したハーバードビジネス・スクールでの講義において、教授が前提条件の数値を変えるたびに表全体を再計算しなければならなかったため、何とか自動的にできないかと考えたことが、発想のきっかけとなる。その後、表の各項目に直接数式を埋め込む方式を考案し、項目に数字を入力するだけで、表全体の再計算が自動的に行われるという表計算方式ができあがった。その後、大学の大型コンピューターを利用してApple IIを意識した表計算ソフトのプロトタイプを作成。1979年に大学時代の友人ボブ・フランクストン氏と2人で米Software Arts社を設立し、本格的な開発に着手、同年10月に「VISI-CALC」という名称でApple II用として販売された。VISI-CALCは、さまざまな企業に受け入れられ、Apple IIを企業に浸透させる原動力となった。VISI-CALCの表計算方式は、その後の主流となったLotus 1-2-3Excelでもほとんど姿を変えずに受け継がれている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダニエル・ブルックリンの関連キーワードオートSUMスプレッドシートビジネスソフト表計算ソフト文字列アプリケーションプログラムアプリケーションソフトオフィスソフトマイクロソフトオフィスエクセル

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone