コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニエル・ブルックリン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダニエル・ブルックリン

世界初の表計算ソフト「VISI-CALC(ビジカルク)」の開発者。1977年に入学したハーバードビジネス・スクールでの講義において、教授が前提条件の数値を変えるたびに表全体を再計算しなければならなかったため、何とか自動的にできないかと考えたことが、発想のきっかけとなる。その後、表の各項目に直接数式を埋め込む方式を考案し、項目に数字を入力するだけで、表全体の再計算が自動的に行われるという表計算方式ができあがった。その後、大学の大型コンピューターを利用してApple IIを意識した表計算ソフトのプロトタイプを作成。1979年に大学時代の友人ボブ・フランクストン氏と2人で米Software Arts社を設立し、本格的な開発に着手、同年10月に「VISI-CALC」という名称でApple II用として販売された。VISI-CALCは、さまざまな企業に受け入れられ、Apple IIを企業に浸透させる原動力となった。VISI-CALCの表計算方式は、その後の主流となったLotus 1-2-3やExcelでもほとんど姿を変えずに受け継がれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ダニエル・ブルックリンの関連キーワードラテンアメリカ・カリブ諸国共同体OpenOffice.org表計算ソフトCACAB青色片岩相サブアルカリックカルクアルカリ岩ケラトフィライト輝緑岩

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android