コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニエル・ブルックリン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダニエル・ブルックリン

世界初の表計算ソフト「VISI-CALC(ビジカルク)」の開発者。1977年に入学したハーバードビジネス・スクールでの講義において、教授が前提条件の数値を変えるたびに表全体を再計算しなければならなかったため、何とか自動的にできないかと考えたことが、発想のきっかけとなる。その後、表の各項目に直接数式を埋め込む方式を考案し、項目に数字を入力するだけで、表全体の再計算が自動的に行われるという表計算方式ができあがった。その後、大学の大型コンピューターを利用してApple IIを意識した表計算ソフトのプロトタイプを作成。1979年に大学時代の友人ボブ・フランクストン氏と2人で米Software Arts社を設立し、本格的な開発に着手、同年10月に「VISI-CALC」という名称でApple II用として販売された。VISI-CALCは、さまざまな企業に受け入れられ、Apple IIを企業に浸透させる原動力となった。VISI-CALCの表計算方式は、その後の主流となったLotus 1-2-3やExcelでもほとんど姿を変えずに受け継がれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android