コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニノス ダニノス Daninos, Pierre

2件 の用語解説(ダニノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダニノス
ダニノス
Daninos, Pierre

[生]1913.5.26. パリ
フランスユーモア作家,ジャーナリスト。主著『トンプソン少佐の手帳』 Les Carnets du major Thompson (1954) ,『ダニノスコープ』 Daninoscope (63) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダニノス
だにのす
Pierre Daninos
(1913―2005)

フランスの小説家。パリ生まれ。ジャーナリストとして出発ののち、第二次世界大戦中はイギリス軍の連絡将校として活躍。『神様の手帖(てちょう)Les carnets de Bon Dieu(1947。アンテラリエ賞)ののち、『トムソン少佐の手帖』Les carnets du major Thompson(1954)で名声を得る。イギリス人の目を通すという形式を借りてなされる、並のフランス人の生活風俗に対するユーモアと皮肉を込めた観察の鋭さにその本領がある。その後『トムソン少佐の秘密』(1956)、『トムソン少佐の第二の手帖』(1973)など一連のトムソン少佐もののほかにも、『ブロ氏という人』Un certain Monsieur Blot(1960)、『ダニノスコープ』Daninoscope(1963)、『旅行者貴族』Les touristocrates(1974)、『メイド・イン・フランス』Made in France(1977)、『陽気な寡夫』Le veuf joyeux(1981)、『フランスを真にうければ』La France prise aux mots(1986)、『40年間の休暇』40 ans de vacances(1993)など、多くの作品でユーモア小説の第一人者の座を占めていた。[小林 茂]
『堀口大学訳『見るもの食うもの愛するもの――へそまがりの英米探訪』(1958・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダニノスの関連キーワードイルドフランスアテネフランセエヌパリジャンパリのジャンパリ大賞パリマラソンヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone