コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニノス Daninos, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダニノス
Daninos, Pierre

[生]1913.5.26. パリ
[没]2005.1.7. パリ
フランスのユーモア作家,ジャーナリスト。主著『トンプソン少佐の手帳』 Les Carnets du major Thompson (1954) ,『ダニノスコープ』 Daninoscope (63) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダニノス
だにのす
Pierre Daninos
(1913―2005)

フランスの小説家。パリ生まれ。ジャーナリストとして出発ののち、第二次世界大戦中はイギリス軍の連絡将校として活躍。『神様の手帖(てちょう)Les carnets de Bon Dieu(1947。アンテラリエ賞)ののち、『トムソン少佐の手帖』Les carnets du major Thompson(1954)で名声を得る。イギリス人の目を通すという形式を借りてなされる、並のフランス人の生活風俗に対するユーモアと皮肉を込めた観察の鋭さにその本領がある。その後『トムソン少佐の秘密』(1956)、『トムソン少佐の第二の手帖』(1973)など一連のトムソン少佐もののほかにも、『ブロ氏という人』Un certain Monsieur Blot(1960)、『ダニノスコープ』Daninoscope(1963)、『旅行者貴族』Les touristocrates(1974)、『メイド・イン・フランス』Made in France(1977)、『陽気な寡夫』Le veuf joyeux(1981)、『フランスを真にうければ』La France prise aux mots(1986)、『40年間の休暇』40 ans de vacances(1993)など、多くの作品でユーモア小説の第一人者の座を占めていた。[小林 茂]
『堀口大学訳『見るもの食うもの愛するもの――へそまがりの英米探訪』(1958・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダニノスの関連キーワード5月26日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android