コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブコテージ ダブコテージ Dove Cottage

1件 の用語解説(ダブコテージの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ダブコテージ【ダブコテージ】
Dove Cottage

イギリスのイングランド北西部、湖水地方レークディストリクト国立公園)の玄関口にあたるカンブリアウィンダミア(Windermere)から13kmほどの郊外にある、同国を代表するロマン派の詩人ウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth、1770~1850年)が1799~1808年までを過ごした邸宅(コテージ)。美しい庭園もそのまま残っている。彼はこのコテージに妻と妹のドロシーとともに住み、数々の名作を残した。「ワーズワースの家」としても知られ、湖水地方の観光のメッカともなっている。ガイドツアー参加で訪問が可能である。湖水地方には、その後年に彼が住んだ家、ライダルマウントもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダブコテージの関連キーワードランカシャーレークスクールアンブルサイドウィンダミアウィンダミア湖グラスミアケンダルニアソーリーボウネスレーク・ディストリクト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone