コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブル・ディグリー だぶるでぃぐりーDouble Degree

1件 の用語解説(ダブル・ディグリーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ダブル・ディグリー

ある分野で学位を授与された後に、別の分野の勉強をして、一定期間に複数の学位を取得できる履修形態のことで、特にそのために学内に規定があるなど大学として組織的に行われているものをいう。複雑化する社会のニーズに対応するために、急速に広まってきた。2005年度の文部科学省の調査では、全国で20大学がすでに導入し、54大学が「検討中」と回答。中国の精華大と提携した東京工業大など、海外の大学と提携して導入するケースが多い。関西学院大は04年から文系3学部で、所属する学部に加え他学部の学位も最短4年で取得できる制度を始めた。最短4年で2つの学位取得を可能にしている。

(増谷文生 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダブル・ディグリーの関連情報