コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスス1世 ダマススいっせいDamasus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマスス1世
ダマススいっせい
Damasus I

[生]304頃.ローマ
[没]384.12.11.
教皇 (在位 366~384) ,聖人。 368~369年の教会会議でアポリナリオス説とマケドニオス説を排斥し,381年の第1回コンスタンチノープル公会議も両説を再び断罪した。翌年の会議では三位一体,キリスト論に関する 24ヵ条の異端排斥,「ダマススの信条」 Fides Damasiを発した。秘書ヒエロニムスに命じてウルガタ訳聖書を編ませ,カタコンベ内に殉教者の墓をたてた。みずから綴った碑文を書家フリウスに書かせたが,その書体がダマスス式文字と呼ばれる。祝日 12月 11日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダマスス1世の関連キーワードボニファチウス1世ブルガーター訳聖書バチカン図書館エウセビウスイタラ訳聖書ウルシヌスシリキウス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android