コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスス2世 ダマススにせいDamasus II

1件 の用語解説(ダマスス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマスス2世
ダマススにせい
Damasus II

[生]?. バイエルン
[没]1048.8.9. パレストリーナ
バイエルン出身の第151代教皇(在位 1048.7.~8.)。本名 Poppo。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世(在位 1039~56)によって教皇クレメンス2世(在位 1046~47)の後継者として擁立された。当時は皇帝とローマの貴族層が教皇位をめぐる政争を繰り広げ,ダマスス2世の登位は対立派の抵抗により遅れた。元はブレッサノーネの司祭であり,登位後もこの教区を支配下に置いた。登位の直前,ローマの有力貴族ツスクルム家出身のベネディクツス9世(在位 1032~44,45,47~48)に教皇の座を奪われたが,ハインリヒ3世がこれを退け,1048年7月に教皇に登位した。治世わずか 23日という短期間マラリアにより病死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダマスス2世の関連キーワード李元昊李元昊神宗ビールーニー源頼信定朝行観教禅戸部正清

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone