コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤーナンダ・サラスバティー Dayānanda Sarasvatī

1件 の用語解説(ダヤーナンダ・サラスバティーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダヤーナンダ・サラスバティー【Dayānanda Sarasvatī】

1824‐83
近代インド宗教改革者。別名ムーラ・シャンカラMūla Śaṅkara。24歳のときに不二一元論の系統をひく〈サラスバティー教団〉に入団,インド古来の伝統的宗教思想に戻るべきであると主張し,〈ベーダにかえれ〉という有名なスローガンを掲げた。ブラフマ・サマージの指導者の一人ケーシャブ・チャンドラ・セーンに出会い,強烈な影響を受け(1872),ついにみずからアーリヤ・サマージボンベイに設立した(1875)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のダヤーナンダ・サラスバティーの言及

【アーリヤ・サマージ】より

…西欧列強の圧力とキリスト教などの宗教思想の流入にたいする危機感から,19世紀には各種の復古主義的な宗教改革運動がインドの大都市を中心に展開した。アーリヤ・サマージ(アーリヤ協会)もその一翼を担ったものであり,1875年,ダヤーナンダ・サラスバティーの提唱でボンベイに設立され,ボンベイ周辺だけでなくパンジャーブ州,ウッタル・プラデーシュ州にもとくに大きな影響を及ぼした。〈ベーダに帰れ〉という有名なスローガンからも察せられるように,この協会は,4ベーダこそが真理の源泉であり,これをもとにすることによってのみ決して誤まることのない智慧が得られると力説した。…

※「ダヤーナンダ・サラスバティー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ダヤーナンダ・サラスバティーの関連キーワードルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)大英博物館トリノ・エジプト博物館波の伊八ギガバイト北尾政美

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone