コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルベルジン・テペ Dal’verzin Tepe

1件 の用語解説(ダルベルジン・テペの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダルベルジン・テペ【Dal’verzin Tepe】

中央アジア,ウズベキスタン共和国スルハーン川流域のデナウ南方にある,前3~後7世紀の都城跡。南北約1km,東西0.5km。1967年までに,紀元前後の200年間バクトリア時代末期からクシャーナ初期の様相が,G.A.プガチェンコーワにより明らかにされた。また3世紀までのクシャーナ時代には多数の塑像が用いられ,他方この土地の信仰に由来する型づくりのテラコッタ女神像が出土している。塑像は都市の仏教寺院跡といわれる地点で出土し,巨大な仏像のほか,いわゆるハルチャヤーン式の塑像には,支配者たちを表したと考えられる世俗彫像もあり,アム・ダリヤ北方のバクトリア北部におけるクシャーナ時代とその前後の美術を代表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダルベルジン・テペの関連キーワードウズベク語ウズベク族シルダリア石国中央アジアトルキスタンフェルガナアクモラコーカンド花剌子模

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone