コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルベルジン・テペ(英語表記)Dal’verzin Tepe

世界大百科事典 第2版の解説

ダルベルジン・テペ【Dal’verzin Tepe】

中央アジア,ウズベキスタン共和国スルハーン川流域のデナウ南方にある,前3~後7世紀の都城跡。南北約1km,東西0.5km。1967年までに,紀元前後の200年間バクトリア時代末期からクシャーナ初期の様相が,G.A.プガチェンコーワにより明らかにされた。また3世紀までのクシャーナ時代には多数の塑像が用いられ,他方この土地の信仰に由来する型づくりのテラコッタ女神像が出土している。塑像は都市の仏教寺院跡といわれる地点で出土し,巨大な仏像のほか,いわゆるハルチャヤーン式の塑像には,支配者たちを表したと考えられる世俗彫像もあり,アム・ダリヤ北方のバクトリア北部におけるクシャーナ時代とその前後の美術を代表する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android