ダルマン(英語表記)Dalman, Gustaf Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルマン
Dalman, Gustaf Hermann

[生]1855.6.19. ニースキー
[没]1941.8.19. ヘルンフート
ドイツのプロテスタント神学者,考古学者。ライプチヒ大学旧約聖書学助教授 (1895) ,パレスチナのドイツ考古学研究所長 (1902~16) ,グライフスワルト大学旧約聖書学教授 (17) を経て,パレスチナ考古学研究所長となる (25) 。イエス時代のユダヤ教の言語,思想,慣習の研究に大きな業績を残した。とりわけ,イエスの日常語がアラム語であると主張した。主著『パレスチナにおける労働と習俗』 Arbeit und Sitte in Palästina (28~42) ,『キリスト教とユダヤ教』 Christentum und Judentum (1898) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android