コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルル・イスラム Darul Islam

1件 の用語解説(ダルル・イスラムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダルル・イスラム【Darul Islam】

1940年代末から60年代半ばにかけて,インドネシアで展開された反政府武力闘争,およびその組織。目標はイスラム国家の樹立であった。1948年1月にオランダとの間で調印されたレンビル協定により,インドネシア共和国の領土は分断された。このうち,西部ジャワにはパスンダン国が設立されることになったが,これに抵抗する西部ジャワ各地のイスラムの過激派は,同年カルトスウィルヨの指導下でダルル・イスラム(〈イスラムの大地〉の意味)を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ダルル・イスラムの関連キーワード新体制運動ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアンビートルズベビン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone