ダレス ジョン(英語表記)Dulles John Foster

20世紀日本人名事典の解説

ダレス ジョン
Dulles John Foster

07の外交官,政治家 元・米国国務長官。



国籍
アメリカ

生年
1888年2月25日

没年
1959年5月24日

出生地
ワシントンD.C.

学歴〔年〕
プリンストン大学卒,ソルボンヌ大学卒,ジョージ・ワシントン大学卒

主な受賞名〔年〕
自由勲章〔’59年〕

経歴
プリンストン大学卒業後、ソルボンヌ、ジョージ・ワシントン大で法律・哲学を学び弁護士となる。かたわら1907年ハーグ平和会議代表団秘書、’18〜19年パリ平和会議使節団員。’44年共和党大統領候補デューイの外交顧問。’45年国連憲章起草案を提出し、同年のサンフランシスコ会議代表を務める。’46〜50年国連代表。’50年国務長官特別顧問となり、’51年にはトルーマン大統領の特使として対日平和条約締結の推進役を務めた。’53年アイゼンハワー政権の国務長官となり、大量報復政策を提唱、またSEATO(東南アジア条約機構)や集団安全保障条約の締結を進めた。’59年辞任。著書に「戦争か平和か―ダレス回顧録」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android