コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンネッカー ダンネッカー Dannecker, Johann Heinrich von

2件 の用語解説(ダンネッカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンネッカー
ダンネッカー
Dannecker, Johann Heinrich von

[生]1758.10.15. シュツットガルト
[没]1841.12.8. シュツットガルト
ドイツ新古典主義の代表的彫刻家。初めロココ後期の A.バウエルに師事。 1783年パリにおもむき,A.パジューに学ぶ。 85~89年ローマに滞在し,A.カノーバについて修業,制作。帰国後シュツットガルト美術学校教授となり,後年同市美術館長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンネッカー
だんねっかー
Johann Heinrich von Dannecker
(1758―1841)

ドイツ古典主義の彫刻家。ワルデンブーフ生まれ。1783年パリでロココの彫刻家パジューAugustin Pajou(1730―1809)に師事し、85年にはローマのカノーバのもとで古典主義を研究する。90~94年シュトゥットガルト美術学校教授を務め、文豪シラーから芸術的感化を受け、代表作『シラー胸像』(1794)をつくる。端正で厳格な形式美を特色とし、ほかに『自像』(1797)、『豹(ひょう)に乗るアリアドネ』(1804~14)が有名。シュトゥットガルトで没。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンネッカーの関連キーワードシュツットガルト御出重出庶出簇出嫡出つっと脱出を待つ者ツッピーシュツットガルト・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone