ダンピア海峡(読み)だんぴあかいきょう(英語表記)Selat Dampier

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンピア海峡(インドネシア)
だんぴあかいきょう
Selat Dampier

インドネシア東部、ニューギニア島とワイゲオ島との間の海峡。ほぼ東西に150キロメートル、幅50キロメートル、太平洋とハルマヘラ海を結ぶ。水深は太平洋側が大きく1000メートル内外で、ハルマヘラ海側は200~600メートルと小さい。ハルマヘラ海側には大小の島が散在する。17世紀末にイギリスの航海者ダンピアによって発見、命名された。ニューギニア島側のドム島には海峡最大の都市ソロンSorongがあり、航海の要地、クラモノ油田の原油積出し港として栄えている。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android