ダヴィッド同盟舞曲集

デジタル大辞泉プラスの解説

ダヴィッド同盟舞曲集

ドイツの作曲家ロベルト・シューマンのピアノ曲集(1837)。原題《Die Davidsbündlertänze》。全18曲。「ダヴィッド同盟」とは新しい芸術の創造に目指す、シューマンが考えた架空の団体。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android