コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーウード・アッザーヒリー Dāwūd al‐Ẓāhirī

世界大百科事典 第2版の解説

ダーウード・アッザーヒリー【Dāwūd al‐Ẓāhirī】

815ころ‐883
スンナ派イスラムの法学者でザーヒル派の祖。クーファに生まれてシャーフィイー派の法学を学び,のちバグダードに住んで独自の法学を教え,その地で没。ウスール(法源)をコーラン,ハディースサハーバ(教友)のイジュマー(合意)だけに限り,しかもその文字どおりの意味(ザーヒル)に忠実に従うことを主張した。10世紀末に《目録の書》を著したイブン・アンナディームはダーウード・アッザーヒリーの多くの著作を記録しているが,現存するものはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android