コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアミン三リン酸

栄養・生化学辞典の解説

チアミン三リン酸

 チアミンにリン酸三つがエステル結合した形で,補酵素型であるチアミン二リン酸にチアミン二リン酸ホスホキナーゼの作用によって,さらにATPからリン酸が転移されて生成する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android