チアン ウェン(英語表記)Jiang Wen

現代外国人名録2012の解説

チアン ウェン
Jiang Wen


国籍
中国

専門
映画監督;俳優

肩書
北京中央戯劇学院演員

別名
漢字名=姜/文

生年月日
1963/1/5

出生地
貴州省貴陽

出身地
河北省唐山

学歴
北京中央戯劇学院表演系〔1984年〕卒

経歴
17歳で中央戯劇学院演技科に入学。卒業後は中国青年芸術劇院に配属され、溥儀に似ていることから、1984年映画「末代皇后」の溥儀役でデビュー。’86年の「芙蓉鎮」で第10回百花賞主演男優賞を受賞し、国際的に有名になる。続く「紅いコーリャン」(’87年)では隆々たる体軀の主人公を演じ、中国映画の演技に新境地を開いたと評される。次いで「春桃」(’88年)の農村知識人役で2回目の百花賞主演男優賞受賞。他の出演作品に「花轎泪」(’87年)、「黒い雪の年」(’89年)、「李蓮英」(’90年)、「宗家の三姉妹」(’97年)、「ヘブン・アンド・アース」(2003年)、「ジャスミン」(2004年)など。一方、1994年「太陽の少年」で監督としてデビューするが、文化大革命後期を題材にした同作品は’95年末より国内での上映ができなくなった。2000年香川照之を準主演に迎え、日中戦争中の日本人捕虜と中国人民衆との奇妙な接触を描いた「鬼が来た!」を監督(製作も)、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。同作品は日本人捕虜を人間的に描き過ぎ“非愛国的”になったという理由から、中国当局よりその後7年間の映画関連活動を全て禁じられるという厳罰処分を受ける。妻はフランス人。

受賞
百花賞主演男優賞(第10回,第12回)〔1987年,1989年〕「芙蓉鎮」「春桃」;建国40年10大影星〔1989年〕;金馬奨グランプリ・監督賞・脚本賞(第33回)〔1996年〕「太陽の少年」;香港電影金像奨助演男優賞(第17回)〔1998年〕「宋家の三姉妹」;カンヌ国際映画祭グランプリ(第53回)〔2000年〕「鬼が来た!」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android