コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェコ チェコ Czech

翻訳|Czech

6件 の用語解説(チェコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェコ
チェコ
Czech

正式名称 チェコ共和国 Česká Republika。面積 7万8865km2。人口 1055万1000(2011推計)。首都 プラハヨーロッパ中部,ドイツの東,スロバキアの西に位置する内陸国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェコ(Czech)

ヨーロッパ中部の共和国。首都プラハボヘミア地方とモラバ地方とからなる。中世末、ボヘミア王国が繁栄。第一次大戦スロバキアと合併してオーストリアハンガリー帝国から独立、チェコスロバキア共和国となる。1993年、スロバキアと分離して、チェコ共和国となる。人口1020万(2010)。チェヒ。チェスコ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェコ

◎正式名称−チェコ共和国Czech Republic。◎面積−7万8867km2。◎人口−1051万人(2014)。◎首都−プラハPraha(127万人,2011)。
→関連項目パラツキープラハ大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チェコ【Czech】

正式名称=チェコ共和国Česká Republika∥Czech Republic面積=7万8864km2人口(1995)=1033万人首都=プラハPraha(日本との時差=-8時間)主要言語=チェコ語(公用語)通貨=チェコ・コルナCzech Koruna旧チェコスロバキアを構成した中央ヨーロッパに位置する一共和国。1993年1月にスロバキアと分離・独立した。西部のボヘミア(チェコ語ではチェヒČechy),東部のモラビア(チェコ語ではモラバMorava)の二つの地方からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チェコ【Czech】

中部ヨーロッパに位置し、エルベ川を通じて北海に出口をもつ内陸国。共和制。北はドイツ・ポーランドに、南はオーストリアに国境を接する。チェコスロバキア連邦共和国を構成する二つの国の一つであったが、同国の解体で、1993年独立。石炭・鉄など豊富な地下資源に恵まれ、自動車・化学・ガラスなどの工業が発達。住民はカトリック教徒が多い。首都プラハ。面積7万9千平方キロメートル。人口1020万( 2005)。正称、チェコ共和国。
チェコスロバキア連邦共和国の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェコ
ちぇこ
Czech Republic英語
esk republikaチェコ語

ヨーロッパ中央部に位置する共和国。西部をドイツ、北東部をポーランド、南東部をスロバキア、南部をオーストリアに囲まれた内陸国である。正式名称はチェコ共和国esk republika。英語ではCzech Republic。ボヘミア、モラビア(シレジアの一部地域を含む)からなる。日本語のチェコは国全体をさすが、チェコ語であるチェヒechyは一般にボヘミアをさし、チェコ語では全領土を一語で示す定着した名称はない。国全体をさすには、正式名称か歴史的な表現で「チェコ諸領邦」を意味するチェスケー・ゼムニェ(esk zem)が使われている。隣接するスロバキアとともに連邦国家チェコスロバキアを構成していたが、1992年チェコとスロバキア両首脳の話合いでチェコスロバキアの連邦を解消し、それぞれ独立国となることを決め、1993年からチェコ共和国が発足した。面積7万8867平方キロメートル、人口1028万7000(2006年推計)。首都プラハ。なお、自然と歴史は「チェコスロバキア」の項を参照。[中村泰三・中田瑞穂]

地誌

チェコは鉱産資源に恵まれ、早くから鉱工業が発展し、チェコスロバキア時代から工業発展地域であった。また、農業もテンサイ(サトウダイコン)、ビール大麦、ホップ、果樹、野菜栽培と酪農、養豚を中心に発展している。
 ボヘミア地方ではプラハ以東のラベ川沿岸平地が肥沃(ひよく)な黒土、褐色土に恵まれ、「黄金の地帯」とよばれる小麦、テンサイ栽培地帯である。ボヘミアの工業は各地で特色がある。スデティ山麓(さんろく)地帯は繊維、ガラス製品製造工業が盛んである。クルシネ・ホリ山地では地元の褐炭をエネルギー源とし、輸入原料を利用して化学工業や重機械工業が発達している。また、南西部のビール生産で著名なプルゼニ(ピルゼン)を中心に重機械工業が発展し、プラハを中心に機械、鉄冶金(やきん)、化学工業や消費財製造工業が発達している。
 モラビア地方は北部にオストラバ・カルビナ炭田があり、鉄鋼、化学、機械(鉱業設備、重トラック)工業が主要工業である。また、皮革、家具工業も発展している。モラビアの中心ブルノには、タービンなどの重機械のほか、時計、ボールベアリングなどの精密機械工業も立地している。また、モラビア中・南部で発展する農産物(小麦、ビール大麦、トウモロコシ、テンサイ、ブドウ)を原料にしている食品工業もモラビアの主要工業である。
 1989年のビロード革命(共産主義からの無血の体制転換)後は観光業が急速に成長した。第二次世界大戦の戦禍(せんか)を被ることが少なかったことも幸いし、各地にはさまざまな時代の歴史的建造物が多く保存され、貴重な観光資源となっている。首都プラハを中心に、西ボヘミアの温泉保養地、世界文化遺産に登録されたチェスキー・クルムロフ歴史地区、テルチ歴史地区、ゼレナー・ホラ地方のネポム・クの聖ヨハネ巡礼教会、クトナー・ホラ(聖バーバラ教会とセドレッツの聖母マリア聖堂を含む中世都市)、リトミシュル城、モラビアのブルノなどに多くの外国人観光客を迎え、1999年にはその数は年間約1603万人にも上っている。観光はチェコの主要産業の一つとなっている。[中村泰三・中田瑞穂]

憲法・行政・司法

1992年12月16日にチェコ国民会議(チェコスロバキア連邦時代の地方議会)は新憲法を採択し、1993年1月1日のチェコ共和国独立と同時に発効した。この憲法によれば、チェコ共和国は「人間および市民の権利と自由に対する敬意の上に設立された、主権を有し、単一で、民主的な法治国家」(第1条)とされている。また、1991年1月に連邦議会が採択した憲法律(憲法と同等の効力をもつ法律)「基本的権利と自由の憲章」はそのまま新共和国の憲法秩序においても有効とされている。
 国家元首は大統領で、議会上下両院それぞれの過半数の投票で選出される。被選挙権は40歳以上のチェコ市民で、任期は5年、2期まで再選が可能とされている。
 議会は二院制を採用している。下院は200議席で、被選挙権は21歳以上、議員は比例代表選挙で選出され、任期は4年。上院は81議席で、被選挙権は40歳以上、議員は小選挙区制選挙で選出される。任期は6年で、2年ごとに議員の3分の1が改選される。また、すべての選挙について、選挙権は18歳以上となっている。下院が法案の先議権をもち、下院を通過した法案を上院が否決もしくは修正しても、下院が全議員の過半数で再可決すれば上院の否決・修正を覆すことができる。また、大統領も法案について拒否権をもつが、差し戻された法案を下院が全議員の過半数で再可決すれば、法律は成立する。
 内閣が行政の最高機関とされ、首相は大統領が任命する。他の閣僚は首相の指名に基づいて大統領が任命するが、内閣は下院の信任を必要としているので、実質的には議院内閣制といえる。
 司法の最高機関は最高裁判所であるが、憲法解釈については憲法裁判所が、また行政問題については最高行政裁判所が別に置かれている。[林 忠行]

政治

1993年1月にハベルが大統領に選出され、1998年1月に再選された。独立した時点ではチェコスロバキア連邦時代の地方議会であるチェコ国民会議の議員がそのまま新共和国の議会の下院を構成し、上院は空席のままになっていたが、1996年に下院と上院の選挙が実施された。連邦時代の1992年に実施された選挙後、チェコでは市民民主党、市民民主同盟、キリスト教民主連合からなる中道右派連立政権が成立し、首相には第一党の市民民主党党首クラウスが選出された。クラウス内閣は独立後も引き続いて政権の座にあった。1996年の下院選挙では、分裂していた中道および中道左派勢力の票をまとめることに成功した野党の社会民主党が得票を伸ばして第二党になり、他方、連立与党は過半数に1議席を欠く状態となったが、連立与党と社会民主党との間で妥協が成立し、中道右派連立政府は政権にとどまり、社会民主党党首のゼーマンMilo Zeman(1944― )が下院の議長に就任した。
 1997年に入るとチェコ経済の不振が顕著になり、首相であるクラウスの経済政策に対する批判が高まった。そうしたなか、同年11月に市民民主党の選挙資金疑惑問題がおき、その責任をとってクラウスは辞表を提出し、12月には無党派の元国立銀行総裁トショフスキーが暫定政府の首相に就任、この内閣のもとで1998年6月に下院の繰り上げ選挙が実施された。選挙では社会民主党が第一党となり、ゼーマンが首相に就任した。また、それまで最大与党であった市民民主党は分裂し、同党内の反クラウス・グループの議員は自由連合という新政党を旗揚げした。2002年6月に行われた下院選挙では、社会民主党が第一党の地位を維持し、キリスト教民主連合・人民党、自由連合と連立政権を樹立、社会民主党党首のシュピドラVladimr pidla(1951― )が首相についた。2003年2月、大統領のハベルは任期満了に伴い退任したが、同年1月に二度にわたって行われた大統領選挙では後任が決まらず、3月、三度目の選挙が行われ、元首相のクラウスが当選した。2004年5月にヨーロッパ連合(EU)に加盟したが、それを受けて翌6月に行われたヨーロッパ議会選挙において社会民主党は惨敗、シュピドラが首相を辞任し、グロスが引き継いだ。そのグロス政権も11月に行われた上院選挙で敗北、さらにグロスの金銭スキャンダルにもみまわれ、2005年4月に崩壊し、パロウベクJi Paroubek(1952― )が新首相に就任した。2006年6月に任期満了に伴う下院選挙が行われ、最大野党の市民民主党が第一党を獲得、党首のトポラーネクMirek Topolnek(1956― )が首相となった。2008年3月にはクラウス大統領が再選された。トポラーネク政権は、下院で与野党の議席が伯仲するむずかしい状況のなか、2009年3月に不信任決議が可決されたため崩壊、フィシェルJan Fischer(1951― )が暫定政権の首相となった。[林 忠行]

外交

1993年に独立したチェコは、一連の国際機関への加盟手続を行った。まず、独立直後の1993年1月に国連に加盟、1994、1995年にはその安全保障理事会非常任理事国に選出された。また、1993年4月にGATT(ガット)(関税および貿易に関する一般協定、現WTO)、同年6月にヨーロッパ審議会Council of Europeに加盟した。さらに同年10月にはEU(ヨーロッパ連合)と連合(準加盟)協定を締結し(発効は1994年5月)、1994年3月にはNATO(ナトー)(北大西洋条約機構)との「平和のためのパートナーシップ」枠組み協定に調印。1995年11月にはOECD(経済協力開発機構)への加盟が認められた。
 チェコ政府は一貫してEUおよびNATOへの加盟を外交の最優先課題とし、それに向けて経済改革や国内法整備を進めてきた。その結果、1997年7月にNATO首脳会議はポーランド、ハンガリーとともにチェコを加盟候補国として指名し、1997年12月にこの3か国はNATO加盟議定書に調印、1998年4月にチェコ議会はこの議定書を批准し、1999年3月に正式加盟した。EU加盟についてもチェコは1996年1月に加盟申請を行い、1997年7月にEUは他の5か国とともにチェコを加盟候補国に指名し、具体的な加盟交渉が開始された。これらの動きを経て2002年12月、EUはチェコを含む10か国を2004年EUに加盟することを決定、2004年5月にチェコはEUに加盟した。
 地域協力としては、中欧自由貿易協定(CEFTA)や中欧イニシアティブ(CEI)などに参加している。1997年末まで継続したクラウス政権はNATOやEU加盟を優先し、これらの地域協力は実務的な経済協力に限ろうとしたが、その後の社会民主党政権はこれらの地域協力に肯定的な姿勢をとった。二国間関係ではドイツとの間で戦後のズデーテン・ドイツ人追放にかかわる問題が懸案となっていたが、1997年1月に両国は和解宣言に調印し、この問題でも一応の合意に達した。1993年の連邦分裂後、スロバキアとは通貨同盟、関税同盟を締結し、密接な関係を維持しようとしたが、経済政策の相違などから通貨同盟は1993年2月に破棄され、それぞれは独自の通貨をもつことになった。現在の通貨単位はチェコ・コルナ(CZK)。[林 忠行]

経済・産業

1990年以降の民営化政策によって、公営企業の従業員比率は1990年の79.6%から1996年の22.4%に減少し、私営企業のそれは7.0%から58.9%に増加した。また、産業構造の再編によって同じ期間に農業従事者が労働人口に占める比率は11.8%から6.0%に、鉱工業は37.8%から32.0%にそれぞれ減少した。かわって、建設業の就労者が7.5%から9.0%、商業・修理サービスなどが9.8%から15.4%、ホテル・レストラン従業員が1.7%から3.1%、金融業が0.5%から1.8%に増加した。産業の再編や旧社会主義経済圏の崩壊の影響などでチェコの国内総生産(GDP)は急速に低下し、1990年との実質値の比較(以下同様)で1992年には86%にまで落ち込んだ。しかしこの年を底にしてその後は成長に転じ、1996年には97%の水準にまで回復した。工業生産額の低下はとくに著しく、1993年には68%となったが、その後回復傾向にある。失業率は連邦時代の1991年に4.1%に達したものの、その後は3%前後で推移していた。これは、建設、サービス部門の成長で一定数の雇用が確保できたことにもよるが、同時に企業のリストラがそれほど急速には進行しなかったことも一因と考えられる。
 1998年の統計では、貿易額は輸出が263億ドル、輸入が289億ドルで、26億ドルの輸入超過であった。先進国との貿易が多く、OECD諸国が輸出の78.8%(そのうちEUが64.2%)、輸入の70.9%(そのうちEUが63.3%)を占めていた。旧社会主義諸国との貿易は1990年以降に急減したが、それでも輸出の26.3%、輸入の21.1%を占めていた。また、チェコは原油、天然ガスの大部分をロシアからの輸入に依存している。
 チェコ経済は東欧諸国のなかでは比較的順調に市場経済への移行を達成し、また安定した成長を遂げているとみなされ、1995年には東欧諸国のなかでは最初にOECD加盟が認められた。しかし、1995年から1997年にかけて貿易収支が急速に悪化し、1997年の一時期には深刻な通貨不安も経験した。その結果、GDP成長率は1998年にマイナス成長を記録し、それまで安定していた消費者物価も1998年には前年比で20%の上昇となり、やはり安定していた失業率も1997年以降上昇し、1999年末には9%前後に達した。とくに、貿易収支の悪化は深刻で、政治不安にもつながった。
 その後、経済成長率はプラスに転じ、2001年2.6%、2002年1.5%、2003年3.1%、2004年4.0%と比較的高い成長率を記録しているが、2004年のEU加盟後も、失業率の漸増、財政赤字といった構造的問題を抱え、とくに財政赤字はユーロ導入の条件を整備するためにも、早急な対応が求められている。2007年のGDPは1751億ドル、失業率は6.0%。主要産業は機械工業、化学工業、観光業である。貿易額は輸出が1214億3500万ドル、輸入が1171億9500万ドル(2007)。主要貿易品目は、輸出入とも機械・輸送用機器、原料別製品、化学品などが中心。貿易相手国は、近隣のドイツ、スロバキア、オーストリアをはじめとするヨーロッパ諸国が多い。日本との貿易では、おもな輸出品目は自動車部品、ポンプ、合金など、日本からの主要輸入品目は映像機器部品、自動車などとなっている。[林 忠行]

国防

1995年の国防軍の総兵力は7万3591、そのうち職業軍人は3万0413、徴兵が4万3178、そのほかに文官(文民スタッフ)civilianが2万7726であった。2001年の国防軍の総兵力は4万8139、そのうち職業軍人は2万3184、徴兵が2万4955、そのほかに文官が2万1157。2005年から徴兵制が廃止され、同年の国防軍総兵力は2万2272、文官が1万7858となっている。1999年のNATO正式加盟により、装備の更新や将校の英語教育などが課題となった。なお、チェコ軍は国連平和維持活動に参加し、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ジョージア(グルジア)、タジキスタンなどに部隊や人員を送った。[林 忠行]

社会


人口構成
民族構成はチェコ人90.4%、モラビア人3.7%、スロバキア人1.9%、その他(ポーランド人、ドイツ人、ロマなど)である(2001)。自然人口増加率は、1994年からマイナスとなっており、人口は減少傾向にある。人口1000人当りの出生率は9.6人、死亡率は10.5人。平均寿命は75.75歳(男性72.5歳、女性79.0歳)である(2004)。チェコの都市化は、工業化に伴って19世紀から始まった。チェコの行政区分によれば6233の地方自治体(都市および村)がある。比較的大きな都市としては、首都のプラハ(約118万)、ブルノ(約38万)、オストラバ(約32万)などがあり、人口5万人以上の22都市の合計人口は全人口の33%を占めている(2001)。[林 忠行]
教育
6歳から15歳までの10年間が義務教育で、この間の初等教育は基礎学校で行われる。中等教育は原則として義務教育修了者を対象とし、教養教育を目的とするギムナジウムと基礎的な専門教育を目的とする技術中等学校は4年制で、卒業試験に合格すると大学進学資格を与えられる。そのほかに大学への進学を前提としない2年ないし3年制の職業中等学校、技術中等学校と職業中等学校をあわせた総合中等学校などがある。また、基礎学校後期教育と中等教育を一貫して行う8年制のギムナジウムもある。基礎学校は地方自治体が、中等学校は国が財政を担い、教育費は無料である。なお、1990年以後、私立学校や教会が運営する学校が、とくに中等教育で増加している。高等教育としては、中欧最古の歴史を誇るプラハのカレル大学をはじめとして、総合大学と単科大学をあわせて24の大学がある。大学進学率は高まる傾向にある。[林 忠行]
医療・福祉
社会主義時代は医療、各種保険、年金等は国庫からの支出でまかなわれてきたが、独立後、これらの医療、社会保障制度の一部は民営化された。1993年以降、政権にあった中道右派連立政府は、これらの分野における国家の役割を最小限度にとどめ、民営部門の役割を拡大しようとした。しかし、1998年発足の社会民主党政権はそれまでの政策を見直す姿勢を示した。社会主義時代は人口当りの病院の病床数や医師の数の多さを誇っていたが、体制変革後は医療施設の老朽化、新しい医療設備導入の遅れ、医師の数の過剰などといった問題が生じている。年金受給年齢は、1995年の法改正によって、段階的に支給年齢が引き上げられ、2006年末には男性がそれまでの60歳から62歳に、女性は子供の数によって53~57歳とされていたが、57~61歳へと引き上げられた。[林 忠行]
生活水準
チェコは東欧諸国のなかでは早くから工業化が進んだこともあり、生活水準は相対的に高かった。人口1000人当りの自動車の保有台数でみると、1993年が261台であったのに対して1995年は302台(東欧ではスロベニアに次いで2位)になり、15.7%の増加となっている。食料品の物価上昇はほかの東欧諸国と比べると緩やかではあるが、1994年には1990年のほぼ2倍になっている。1994年の人口1人当りの肉の消費量は1990年の84.1%に下がったが、他方で野菜の消費量は同じ期間で13.8%、果物は19.8%上昇している。これは、消費物資の多様化に伴い、チェコ人の食生活に変化が生じていることを意味する。ただし、市場経済への移行に伴う貧富の差の拡大も指摘されており、これは重要な政治的争点となっている。
 なお、電気洗濯機の保有率が1995年には69.7台(100世帯当りの台数、以下同)であったが2004年には91.2台、乗用車保有率は1995年には54.5台だが2004年には69.2台、パソコン保有率は1995年には5.2台だが2004年には39.7台となっている。また、携帯電話の保有率は、1997年には100人当り7.1台であったが、2003年には95.2台となっている。[林 忠行]

文化


概観
チェコの文化は中世以来キリスト教と深く結び付いている。またハプスブルク帝国内で、ドイツ化やハンガリー化の潮流に抵抗しながら、チェコ人は自分たちの言語を守り、独自の文化形成に努力してきた。したがってその文化は、あらゆる分野でそのときどきの政治や民族運動と深いかかわりをもち、歴史家で19世紀のチェコ人民族運動を指導したパラツキー、哲学者マサリク(チェコスロバキア大統領1918~1935)、劇作家ハベル(チェコスロバキア大統領1989~1992、チェコ大統領1993~2003)などに代表される多くの文化人が政治の表舞台で活躍した。第二次世界大戦後、とくに1948年以降は、社会主義的文化革命がうたわれたが、1989年の共産党体制崩壊後は、チェコ文化の西欧的伝統が再度、強調されるようになった。[林 忠行]
国民性
一般に、チェコ人は冷静で慎重な国民といわれる。国民生活のなかには、キリスト教、とくにカトリックの慣習が根を下ろしており、それは社会主義時代においても変わらなかった。チェコ人にとってクリスマスやイースターはいまでも長い休暇を家族とともに静かに過ごす楽しいひとときである。ただし、いずれの教会にも属さない人々が人口の半分以上を占め、社会の世俗化傾向も進んでいる。
 スポーツ人口は多く、またその水準は高い。とくに人気のあるスポーツはアイスホッケー、サッカー、バレーボールなどである。アイスホッケーでは、連邦分裂後も世界的強豪の地位を維持しており、世界選手権で何度も優勝している。世界的に有名なスポーツ選手としては、長距離走のザトペックと体操のチャスラフスカVra slavsk(1942―2016)がいる。また、近年ではプロ・サッカーやプロ・テニスの世界でもチェコ出身の選手が数多く活躍している。サッカーのパベル・ネドベドPavel Nedvd(1972― )は有名。[林 忠行]
文化施設
博物館、美術館など公立の展示施設は、プラハの国民博物館をはじめとして363、常設の劇場が92(いずれも2004)あり、劇場は1989年の政治変動以後に数が増えている。首都プラハの歴史地区は世界文化遺産に登録されており、「百塔の町」「北のローマ」と賛美される美しい景観を残している。プラハ城、ブルタバ川に架かる14世紀の石橋カレル橋や旧市庁舎、教会など歴史的建造物が多く、ロマネスク期以降のあらゆる建築様式がみられ、町そのものが建築史の最良の教科書であるといわれる。また、古い建物の多くが今日でも使用されており、その維持と修理には大きな労力が払われている。[林 忠行]
芸術
近代チェコ文学の発展は19世紀の民族運動とも深いかかわりをもつ。とくに19世紀のチェコ文学は何人かの優れた作家を生んだ。そのなかでは『おばあさん』のB・ニェムツォバーや詩人のJ・ネルダが有名である。また20世紀に活躍した作家ではJ・ハシェクやK・チャペックは世界中で翻訳され、親しまれている。さらに1984年には、第二次世界大戦前から戦後にかけて創作を続けた詩人、J・サイフェルトがノーベル文学賞を受賞し、共産党時代にフランスに移住したM・クンデラも世界中に読者をもっている。
 美術では19世紀の画家J・マーネスJosef Mnes(1820―1871)に続いて、国民劇場の建設に加わった人々、すなわち建築家J・ジーテク、彫刻家J・V・ミスルベク、画家のM・アレシュらの「国民劇場の世代」が現れている。またアール・ヌーボーの代表的画家A・ムハはパリで活躍したため、むしろフランス語読みのミュシャの呼び名で知られている。音楽では、オペラ『売られた花嫁』や交響詩『わが祖国』のB・スメタナ、交響曲第9番「新世界から」などのA・ドボルザーク、さらにL・ヤナーチェクの名をあげることができる。
 演劇のなかで特筆に値するのは人形劇で、チェコ語の擁護で重要な役割を果たしたという歴史をもち、その水準は高い。また、映像とパントマイムを組み合わせたプラハのラテルナ・マギカ劇場も有名。映画では1960年代に国際的な評価を受ける若い監督たちが現れ、現在でもその伝統は引き継がれている。ただし、共産党体制崩壊後に、アメリカや西欧の映画が流入したため、チェコでの映画製作本数は減少傾向にある。[林 忠行]

日本との関係

両国間の交流は散発的なものではあったが、チェコスロバキア独立以前にまでさかのぼることができる。1871年(明治4)に派遣された岩倉(いわくら)使節団のなかの数人の研修生はボヘミアの各種の工場で技術研修を受けている。また今日、広島の「原爆ドーム」として知られる建物は、来日したチェコ人の建築家J・レッツェルJan Letzel(1880―1925)の設計による。
 日本でのチェコ文化の受容はおもに文学を通してであった。第二次世界大戦前に、重訳ではあったが、チャペックの戯曲が日本にも紹介され、築地(つきじ)小劇場で上演されている。戦後は、チェコ文学も直接チェコ語から翻訳されるようになり、その範囲はSF小説や童話を含む広い分野に及んでいる。とくに近年は、チャペックとフランス在住のチェコ人作家、クンデラの作品が数多く翻訳されている。
 絵画では、ムハ(ミュシャ)の作品が人気を集めており、また音楽ではチェコ・フィルハーモニーをはじめとする数多くの交響楽団、オペラ劇団の来日公演が続いている。
 チェコでの日本に対する関心も決して低くはない。第二次世界大戦前は、いくつかの日本についての旅行記が出版されたにすぎなかったが、戦中から戦後にかけて日本研究は本格的なものとなる。文学では『古事記』などの古典から安部公房(こうぼう)や大江健三郎などの現代作家に至る多くの作品が翻訳されている。また文学以外では、柔道、空手、いけ花などが多くの関心を集めている。とくに共産党体制崩壊後、文化交流における制約もなくなり、交流の多様化が進んでいる。
 なお、2002年7月に天皇・皇后、2009年5月に首相麻生(あそう)太郎がチェコを訪問、一方、2005年6月にパロウベク首相、2007年2月と2008年9月にクラウス大統領が来日している。[林 忠行]
『大鷹節子著『チェコとスロバキア』(1992・サイマル出版) ▽林忠行著『中欧の分裂と統合 マサリクとチェコスロバキア建国』(1993・中央公論社) ▽V・チハーコヴァ著『新版プラハ幻影』(1993・新宿書房) ▽小野堅・岡本武・溝端佐登史編『ロシア・東欧経済』(1994・世界思想社) ▽山本茂・松村智明・宮田省一著『地球を旅する地理の本5 東ヨーロッパ・旧ソ連』(1994・大月書店) ▽音楽之友社編・刊『チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、ポーランド(ガイドブック音楽と美術の旅)』(1995) ▽小川和男著『東欧再生への模索』(1995・岩波書店) ▽沼野充義監修『中欧――ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー』(1996・新潮社) ▽北川幸子著『プラハの春は鯉の味』(1997・日本貿易振興会) ▽百瀬宏他著『国際情勢ベーシックシリーズ 東欧』第2版(2001・自由国民社) ▽佐川吉男著『チェコの音楽――作曲家とその作品』(2005・芸術現代社) ▽薩摩秀登著『物語チェコの歴史――森と高原と古城の国』(中央新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェコの関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェコの関連情報