コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェチョン(堤川)市 チェチョンChech'ǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェチョン(堤川)〔市〕
チェチョン
Chech'ǒn

韓国,チュンチョンプク (忠清北) 道の北東部にある市。 1980年市制。ナムハン (南漢) 江上流域の小盆地にある。テベク (太白) 山脈の山間地域と,ナムハン江中流,下流の平野部とが接する地点に発達した。チュンアン (中央) 鉄道が通り,チュンブク (忠北) 鉄道が分岐するとともに,テベク山脈の鉱山地域へいたるテベク (太白) 鉄道の起点でもある。石炭などの地下資源の開発基地として大きな役割を果している。面積 57km2。人口 10万 2037 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チェチョン(堤川)市の関連キーワードチュンチョンプク(忠清北)道チェウォン(堤原)郡

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android