チェリュスキン[岬](英語表記)Mys Chelyuskin

世界大百科事典 第2版の解説

チェリュスキン[岬]【Mys Chelyuskin】

ロシア連邦中部,タイミル半島の最北端を形づくる岬で,地球上の大陸部の最北端である。位置は北緯77゜43′,東経104゜18′。タイミル自治区に属する。1932年から北極海の気象水文観測所が建設され,観測が続けられている。岬の名称は,北方大探検に参加し,1742年にはじめてこの岬に立ったチェリュスキンSemyon Ivanovich Chelyuskinを記念したものである。【渡辺 一夫

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android