コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェリー チェリー cherry

翻訳|cherry

10件 の用語解説(チェリーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チェリー(cherry)

桜。また、サクランボウ。桜桃。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

チェリー

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンドスピッツ。1996年発売。作詞・作曲:草野正宗。

チェリー

日産自動車が1970年から1978年まで製造、販売していた乗用車。4ドアセダン、5ドアセダンを中心とする。

チェリー

コトブキ製紙が販売するトイレットペーパーの商品名。シングルダブル2枚重ね、24ロール入り。

チェリー

キャラクター事業のサンエックスが製作したキャラクターシリーズ「ちわわんこ」のキャラクター。白い犬の女の子。犬種はチワワ

チェリー

キャラクター事業のサンエックスが製作したキャラクターシリーズ「チェリーベリー」のメインキャラクター。ウサギモチーフベリーの姉。

チェリー

JTが製造、販売するタバコブランド、また、その商品名。1970年3月、販売開始。タール15mg、ニコチン1.1mg、20本入り。2011年に販売終了。

チェリー

サンリオのキャラクターシリーズ「ルロロマニック」のメインキャラクター。架空の町「シュクルタウン」の闇の世界に住む、ピンク色の悪魔の女の子。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チェリー【cherry】

桜の実。さくらんぼ。桜桃おうとう。西洋実桜みざくら[季] 夏。
のような赤色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェリー
ちぇりー
Don Cherry
(1936―1995)

アメリカのジャズトランペット奏者。母方にアメリカ先住民チョクトウ人の血を引くアフリカ系アメリカ人としてオクラホマ・シティに生まれ、ロサンゼルスワッツ地区で育つ。幼児期はラジオブルースミュージシャン、ジョニー・オーティスJohnny Otis(1921―2012)の音楽を聴き、ブルース、リズムアンド・ブルースを好むようになる。中学生のころからトランペットを手にし、高校生になると、近くに住む同世代のドラム奏者ビリーヒギンズBilly Higgins(1936―2001)と知り合う。2人はリズム・アンド・ブルース・バンドに加わるが、このときチェリーはピアノを担当した。その後チェリーはテナー・サックス奏者ジェームズクレイJames Clay(1935―1994)とジャズ・メシアというバンドを組み、ロス周辺で名が知られるようになる。
 1956年アルト・サックス奏者オーネット・コールマンと知り合い、以後行動をともにする。1958年コンテンポラリー・レーベルに、コールマンの初レコーディング・リーダー作『サムシング・エルス』のサイドマンとして、チェリーも初レコーディングを経験する。1959年コールマンとともにニューヨークに進出し、ジャズ・クラブ「ファイブ・スポット」に出演、賛否両論の嵐のなかで一躍「フリー・ジャズ」のニュー・スターとして注目を集める。同年、フリー・ジャズの問題作とされたコールマンの『ジャズ来るべきもの』のサイドマンを務める。この時期のチェリーの演奏は非常にコールマンと似ていたため、双子のようだと形容された。
 1960年から1962年にかけ、テナー・サックス奏者ジョン・コルトレーン、アルト・サックス奏者エリック・ドルフィー、ソプラノ・サックス奏者スティーブ・レイシーSteve Lacy(1934―2004)、テナー・サックス奏者ソニー・ロリンズらと共演し、アルバムを制作。1963年アルト・サックス奏者ジョン・チカイJohn Tchicai(1936―2012)、テナー・サックス奏者アーチー・シェップArchie Shepp(1937― )らと「ニューヨーク・コンテンポラリー・ファイブ」を結成。その後渡欧し、コペンハーゲンにあるジャズ・クラブ「カフェ・モンマルトル」でライブ・レコーディングを行い、アルバム『ザ・ニューヨーク・コンテンポラリー・ファイブ』The New York Contemporary Five Vol. 1~2(1963)を発表する。
 1964年テナー・サックス奏者アルバート・アイラーと共演。翌1965年にはアルゼンチンのテナー・サックス奏者ガトー・バルビエリGato Barbieri(1934―2016)と双頭コンボを組み、ブルーノート・レーベルにアルバム『コンプリート・コミュニオン』Complete Communionを吹き込む。このころから民族音楽への関心が高まり、ヨーロッパ、アジア、インド、アフリカ、南米を訪れ各地の音楽に親しむ。
 1970年、ストックホルム郊外に家族と移住、ベジタリアンとなり、玄米だけで暮らしていたこともある。こうした生活から生まれたのが1971~1972年に録音されたアルバム『オーガニック・ミュージック・ソサエティ』で、彼の生活と一体化した音楽の記録である。
 1976年テナー・サックス奏者デューイ・レッドマンDewey Redman(1931―2006)、ベース奏者チャーリー・ヘイデンCharlie Haden(1937―2014)、ドラム奏者エド・ブラックウェルEd Blackwell(1929―1992)らとグループ「オールド・アンド・ニュー・ドリームズ」を結成。同じころシタール、タブラ奏者のコリン・ウォルコットCollin Walcott(1945―1984)、ビリンバウ(ひょうたんを共鳴体とし、取り付けた竿に張った弦のうなりを響かせるブラジルの楽器)奏者ナナ・バスコンセロスNana Vasconcelos(1944―2016)らと民族音楽色の強いグループ「コドナ」を組織。1980年代は義理の娘にあたるネナ・チェリーNeneh Cherry(1964― )の加わっているパンク・バンド「リップ・リグ・アンド・パニック」にゲスト出演したりもした。
 彼の音楽のスタート地点はコールマンの影響を強く受けた、いわゆるフリー・ジャズであるが、しだいに特定のジャンルにとらわれず、あらゆる種類の音楽を自分の演奏に取り込んでいくようになる。これはジャズがもともともっていた混交音楽としての本質に沿った柔軟な姿勢といえる。[後藤雅洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェリーの関連キーワードJAPAN premium 桜根岸線桜丘桜ケ丘桜ヶ丘桜台桜町楊貴妃(桜)リンボク(桜)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェリーの関連情報