コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルニゴフ州 チェルニゴフChernigov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルニゴフ〔州〕
チェルニゴフ
Chernigov

ウクライナ北部の州。州都チェルニゴフドネプル川左岸,デスナ川下流域を占める州で,大部分が平地であるが,北東に丘陵がみられる。南端部が森林ステップ地帯に入るほかは全域が森林地帯に属する。住民の半数は農村に居住し,穀物 (冬コムギ,トウモロコシ,ライムギ) ,アマ,タイマ,テンサイ,タバコなどの栽培と畜産が盛んである。工業は農産物加工 (砂糖,醸造,製粉,油脂,食肉,缶詰,アマ加工,皮革) が中心で,ほかに繊維,製靴,機械 (農業,道路,消防) ,木材加工などの工業があるが,近年化学工業 (合繊,プラスチック,ゴム製品) が発展し,石油採取も行われている。交通はドネプル川,デスナ川の水運,チェルニゴフを中心とした鉄道,ハイウェーによる。面積3万 1900km2。人口 140万 5800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェルニゴフ州の関連キーワードノブゴロド・セベルスキーネージンプリルキクチマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android