チェルノフ(読み)ちぇるのふ(英語表記)Виктор Михайлович ЧерновViktor Mihaylovich Chernov

  • 1873―1952
  • Viktor Mihaylovich Chernov
  • Виктор Михайлович Чернов Viktor Mihaylovich Chernov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシアの革命家。SR(エスエル)(社会革命党)の指導者。ボルガ地方サマーラ県の出身。19世紀のナロードニキ主義を20世紀初頭のロシアの実情にあわせて党の理論的基礎をつくった。長いヨーロッパ亡命生活ののち1917年の二月革命で帰国、5月から8月まで臨時政府の農相。十月革命後の憲法制定会議では議長に選ばれた。内戦期にはボリシェビキ(赤軍)とブルジョア地主勢力(白軍)の中間にたつ「第三勢力」の結集を目ざしたが失敗に終わり、1920年に亡命。大戦間期は主としてチェコスロバキアのプラハ(現チェコ共和国首都)、晩年はニューヨークで生活し、著述活動を行った。[原 暉之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android