コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンチョウ市 チェンチョウChenzhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンチョウ〔市〕
チェンチョウ
Chenzhou

中国華中地方,フーナン(湖南)省南東部の市。チェンチョウ地区の行政中心地。シヤン(湘)江支流レイ(耒)水の支流の谷にある。トンティン(洞庭)湖平原からナンリン(南嶺)山地を越えてコワンチョウ(広州)へ出る交通の要地として代から開け,桂陽と呼ばれた。代からは郴州とも呼ばれ,では直隷州の州治。中華民国以後は県治であったが,1977年に市となった。チンコワン(京広)鉄道が通り,山間の物資集散地としてにぎわう。人口 23万3914(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android