コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンバレン ちぇんばれんJoseph Chamberlain

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェンバレン(Joseph Chamberlain)
ちぇんばれん
Joseph Chamberlain
(1836―1914)

イギリスの政治家。ロンドンで生まれる。18歳のときからバーミンガムのねじ製造会社で働き、事業に成功を収めたのち政治家に転身、1873年から1875年にかけてバーミンガム市長を務めた。早くから社会改革に関心をもち、市長在任中は、公園、道路建設、スラム一掃などに力を注いだ。1876年に自由党下院議員となり、1880年グラッドストン内閣の商務相に就任した。1886年にアイルランド自治法案に反対して自由党を離れ、自由統一党を結成、保守党に接近していった。1895年ソールズベリー保守党内閣の植民地相となり、植民地のもつ経済的価値を重視しつつ、帝国の拡大・統合を目ざす政策を展開、また南アフリカ戦争(ブーア戦争)の開始にも大きな役割を演じた。1903年、政府から退いて、保護関税を求める関税改革運動を繰り広げたが、自由貿易の伝統の厚い壁の前に成功せず、1906年病に倒れて第一線を去った。[木畑洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チェンバレンの関連キーワードダービー(15th Earl of Derby Edward Henry Stanley)チェンバレン(Sir Joseph Austen Chamberlain)チェンバレン(Arthur Neville Chamberlain)自由党(イギリス)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェンバレンの関連情報