コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンマイ・イニシアチブ(CMI)

1件 の用語解説(チェンマイ・イニシアチブ(CMI)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チェンマイ・イニシアチブ(CMI)

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に日中韓を加えた「ASEAN+3」(計13カ国)が参加する通貨交換協定。2000年にタイ・チェンマイ開かれたASEAN+3の財務相会議で、日本の主導で創設された。各国が外貨準備としてためているドル資金を出し合い、外貨不足に陥った国に貸し出す。

(2012-05-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェンマイ・イニシアチブ(CMI)の関連キーワード東南アジア開発閣僚会議アセアナポールCLMV東アジアサミットSEAFDEC(シーフデック)ミャンマーと東南アジア諸国連合(ASEAN)東アジアサミット(EAS)東南アジア諸国連合(ASEAN)アジア欧州会議(ASEM)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェンマイ・イニシアチブ(CMI)の関連情報