チェーンストークス型呼吸(読み)チェーンストークスがたこきゅう

大辞林 第三版の解説

チェーンストークスがたこきゅう【チェーンストークス型呼吸】

呼吸停止を伴う周期性呼吸。浅い呼吸から深い呼吸、再び浅くなり、呼吸停止という周期を繰り返す。意識障害時、重篤な心肺疾患のときなどに起こるが、正常な人の睡眠時にもみられる。交代性無呼吸。 〔イギリスの内科医チェーン(J. Chayne)とストークス(W. Stokes)にちなむ名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android