チオアセタール(英語表記)thioacetal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオアセタール
thioacetal

アセタール化合物 RCH(OR')2 の酸素原子を硫黄原子で置換した化合物。アルデヒドとメルカプタンとからできる RCH(SR')2 をメルカプタール,ケトンとメルカプタンとからできる RR'C(SR'')2 をメルカプトールともいう。不快臭をもつものが多い。ジエチルチオアセタール CH3CH(SC2H5)2 が代表例で,これを単にチオアセタールということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android