チオンピの乱(読み)チオンピのらん(英語表記)Tumulto dei Ciompi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオンピの乱
チオンピのらん
Tumulto dei Ciompi

1378年,イタリアのフィレンツェでチオンピと呼ばれる梳毛(そもう)職人ら下層労働者が起こした反乱。この反乱によって樹立された政府は,短期間だがフィレンツェ史上最も民主的な政権の一つに数えられる。チオンピは反乱を起こした下層労働者のなかで最も過激な集団で,のちにより保守的な勢力に抑え込まれた。反乱のきっかけとなったのは,有力な大規模ギルド内の派閥抗争であった。1378年6月下旬,反乱への参加を呼びかけられた下層労働者たちは,同年7月には独自の運動を展開し,より公平な財政政策や新たにギルドを設立する権利を求める一連の請願をシニョリーア(フィレンツェの行政評議会)に提出した。1378年7月22日,下層労働者はミケーレ・ディ・ランドという梳毛職人を,行政の中枢である「正義の騎手」に据え,政権奪取を強行した。小規模ギルドが支配するこの新しい政権は,ギルドの地位へと引き上げられたチオンピを含むすべての社会階層を代表するという点で,前例のない体制であった。しかし経済状況の悪化により新政府は政策のすべてを実行に移すことはできず,1378年8月31日,シニョリーア広場に結集したチオンピの大集団は,ほかの大小ギルドの連合勢力にあっさりと一掃された。この革命的事件をうけてチオンピのギルドは廃止され,その後 4年を経ずして大規模ギルドの支配が復活した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android