コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チカラシバ(力芝) チカラシバPennisetum alopecurioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チカラシバ(力芝)
チカラシバ
Pennisetum alopecurioides

イネ科の多年草。アジア南東部の亜熱帯から温帯にかけて広く分布し,日当りのよい原野や路傍に雑草として普通にみられる。茎は円柱形で多数が斜上して叢生し,分枝せず,高さ 30~80cmになる。葉は根生し細長い線形で長さ 60cmに達し,基部は葉鞘となり茎を包む。根生葉の基部は紫色を帯びる。夏から秋にかけて,茎の頂部に 15cmほどの円柱形の花穂をつける。各小穂は1個の花から成り,無花被でおしべ3本,めしべ1本。総包は褐色で,紫褐色の不同長の剛毛を生じる。この毛の色が淡色のものをアオチカラシバ P. alopecurioides form. viridescensという。和名は,密に叢生して大きな株は土に強く根を張り,なかなか引抜けないことにより,別名ミチシバは路傍に多く生えることによる。ただしミチシバの名は別のイネ科植物にも使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android