チキータレシーブ(読み)ちきーたれしーぶ

知恵蔵miniの解説

チキータレシーブ

卓球におけるレシーブの一種。チェコのピーター・コルベル選手が生み出した。バックハンドでボールに強い横回転を加えてカーブをさせながら相手のコートに返す攻撃的な打法で、返球が非常に難しいため、使いこなせば試合を有利に運ぶことができる。ボールの弾道がバナナのように曲がることから、バナナのブランド「チキータ」の名が付けられた。2008年の北京五輪前後から中国や欧州などのトップ選手がチキータを多用しており、日本人ではロンドン五輪代表の岸川聖也がこれを武器に同大会シングルスで日本男子初のベスト8入りを果たした。

(2012-08-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android