コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴケムシ(血苔虫) チゴケムシDakaria subovoidea

世界大百科事典 第2版の解説

チゴケムシ【チゴケムシ(血苔虫) Dakaria subovoidea】

ヒラコケムシ科の外肛動物。日本各地の沿岸に分布し,潮間帯岩石や貝殻の上に円盤状やひだ状のふつう3~8cmの群体をつくるが,付着基盤とは密着しない。全体が暗赤色をしているためこの名がある。おのおのの虫室は小さい長方形で,他虫室との境界は隆起した縁になっている。表面には丸い穴が密にあって縁辺が網目状になることもある。虫室の前端には大きな口があるが,半円形の下縁湾入のある横楕円形で,口蓋は黒く,淡色の円形域が対在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチゴケムシ(血苔虫)の言及

【コケムシ(苔虫)】より

… 世界で現生種は約4000種知られているが,有用種はまったくなく,すべてのものが有害であるといってよい。フサコケムシBugula neritina,チゴケムシDakaria subovoideaなどは船底について船速を遅くさせたり,冷却水路を狭めるなどの害を与え,またホンダワラコケムシZoobotryon pellucidumやセンナリコケムシBowerbankia imbricataは定置網の水通しを悪くしたり,養殖貝を殺すこともある。ヒラハコケムシMembranipora serrilamellaは有用海藻について品質を低下させ,大きな被害を与えている。…

【コケムシ(苔虫)】より

… 世界で現生種は約4000種知られているが,有用種はまったくなく,すべてのものが有害であるといってよい。フサコケムシBugula neritina,チゴケムシDakaria subovoideaなどは船底について船速を遅くさせたり,冷却水路を狭めるなどの害を与え,またホンダワラコケムシZoobotryon pellucidumやセンナリコケムシBowerbankia imbricataは定置網の水通しを悪くしたり,養殖貝を殺すこともある。ヒラハコケムシMembranipora serrilamellaは有用海藻について品質を低下させ,大きな被害を与えている。…

※「チゴケムシ(血苔虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android