コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴダラ(稚児鱈) チゴダラmorid fish

1件 の用語解説(チゴダラ(稚児鱈)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チゴダラ【チゴダラ(稚児鱈) morid fish】

タラ目チゴダラMoridaeの海産魚の総称,または,そのうちの1種を指す。日本近海には,チゴダラPhysiculus japonicus(イラスト),イソアイナメLotella phycis(イラスト),イトヒキダラLaemonema longipesなど6属13種ほどが分布しているが,いずれも深海性である。体型はタラに似て長く延長しており,下あごにはひげのあるものとないものとがある。背びれは2基,しりびれは1基で,第1背びれは基底が短いが,第2背びれとしりびれの基底は長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone