チザルピーナ(読み)ちざるぴーな(英語表記)Cisalpina

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チザルピーナ
ちざるぴーな
Cisalpina

「アルプスのこちら側の」の意で、北イタリア一帯をさす。ラテン語ではキサルピナ。ローマ人は、ケルト人の居住地域をガリアといい、ローマからみて「アルプスのかなたのガリア」をガリア・トランサルピナとよんだのに対して、北イタリアをガリア・キサルピナと称した。また1797年6月29日、ナポレオン1世はこの地域にチザルピーナ共和国を正式に樹立した。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android