チザルピーナ(読み)ちざるぴーな(英語表記)Cisalpina

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チザルピーナ
ちざるぴーな
Cisalpina

「アルプスのこちら側の」の意で、北イタリア一帯をさす。ラテン語ではキサルピナ。ローマ人は、ケルト人の居住地域をガリアといい、ローマからみて「アルプスのかなたのガリア」をガリア・トランサルピナとよんだのに対して、北イタリアをガリア・キサルピナと称した。また1797年6月29日、ナポレオン1世はこの地域にチザルピーナ共和国を正式に樹立した。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android